よみもの よみもの

み館のシークレットイベント「らふキッチン」

実はみ館、先日からひっそりと新しい試みを始めています。その名も「らふキッチン」。
「ラフな格好」とか「ラフスケッチ」と言うように、「ラフ」には「適当」とか「ざっくり」というニュアンスが含まれています。またroughではなくlaughとつづれば、「げらげら笑う」といった意味にもなります。
「あんまり難しいこと考えずに、おいしいもん食べて元気出して笑おうよ!」
そんな思いから始まった活動で、み館の「きょうしつ」とは一線を画すイベントです。
現在、コロナ禍でみ館でのタイ料理きょうしつはお休みしているのですが、今月のテーマはいつもみ館でタイカレーきょうしつを開催してくれているナムワンさんの、「マッサマンカレー」です。

世界一おいしい料理!?マッサマンカレー

「マッサマンカレー」は、チキンとじゃがいも、ココナッツミルクで作るタイ南部のご当地カレー。アメリカの情報サイト『CNNGo』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」という企画の中で第1位に選んだことから世界中で注目を集めています。

らふキッチンで作ったマッサマンカレー。小さい子も食べられるようにと辛さレベルは控えめ。

皆さんきっと「世界一のカレー、食べてみた~い!」と思われたのでは?
しかしらふキッチン、実はシークレットイベントなのです。それは、密を避けるためと、お越しいただいた一人ひとりと丁寧に関わりたいという思いから。そして基本的には面と向かってのご案内・そして持ち帰りのみ。それでもご予約だけで売り切れになるほどの人気ぶりです。

作るメンバーも、「らふ」な人たち

らふキッチンに関わってくれているのは、ナムワンをはじめ、み館できょうしつを開催してくださっているまちのせんせい、「何かやりたい!」と手を挙げてくださったまちのひとたちなどなど。
様々なバックグラウンドを持つ人たちがスタッフとして入れ替わり立ち代わり関わってくださっています。
参加資格は「おもしろそう!」と思えること。参加資格もざっくりラフな、らふキッチンです。

食べたい!関わりたい!どうしたらいい?

そんなおいしく楽しいらふキッチンですが、今後も神出鬼没のシークレットイベントとしての開催となる予定です。
「確実に情報をつかみたい!」「絶対に食べたい!」「スタッフめちゃめちゃ楽しそう」という方は、ぜひスタッフとして関わるべし。まずは一度み館を覗いてみてくださいね。

よみもの
一覧